バジルを育てるのに必要な道具

バジルを育てる時に必要なものとしては、

プランター(または鉢): 中に鉢底石・土を入れて種や苗を植えます。
スコップ:  土に穴を掘ったりするのに使います。
じょうろ:  水やりの必需品。大き過ぎず、注ぎ口の目が細かいものがいい。
移植ゴテ:  バジルの苗を移植したり、植え穴を掘るのに使います。
鉢底石:   鉢やプランターの底に置きます。
       水はけが良くなるように、粒の大きな軽石がおすすめです。
培養土:   野菜栽培に最適な初期肥料養分がバランスよく含まれているのを購入するとこのままプランターや菜園に利用できて便利です。
肥料:    ハーブ用肥料、有機配合肥料、草花用肥料のいずれか。
園芸ばさみ: 摘心する時に使います。
霧吹きスプレー:水やりや害虫駆除に使います。

手袋は怪我防止のために必要ですし、家庭菜園をするとどうしても汚れが着いてしまいます。服を汚さないためにも、エプロンやアームカバーがあれば便利でしょう。

苗や種は品質改良が進み、初心者でも育てやすく病気になりにくい苗がホームセンターなどで市販されています。近くにホームセンターがない場合は、通信販売でも苗や種を購入出来ますし、種類も豊富です。
薬局で買える脱毛クリームならエピラット