総量規制とキャッシングについて

キャッシングと総量規制は切っても切り離せないほど深く関係しているので、どのようなものなのか知っておく必要があります。
総量規制というのは、簡単にいうとその人が借りられる限度額のことです。
その限度額以上はお金を借りることはできませんし、貸金業者も貸してくれません。
そして、その限度額は年収の三分の一です。
そのため、年収300万円の人の場合だと100万円以上の借入はできません。
この規制ができた理由は、多重債務者が増加を防ぐためだといわれています。
それまで特に規制が無かったため、みなさん好きなだけ借りてしまい、複数の業者から借入をしている人がたくさんいました。
この現状を改善するために国が設けたのが、この総量規制というルールです。
また、この総量規制の対象となるのは、消費者金融系や信販系の貸金業者のみです。
銀行系のキャッシングやローンは、この総量規制の対象外となっているので、仮に総量規制の影響で消費者金融で借りることができなくても、銀行系の業者からは借りることができます。
しかし、総量規制いっぱいまで借りている人が、審査が厳しい銀行系の業者から借入するのは難しいと思ってください。
この仕組みを知っているかどうかで効率のよいキャッシングをすることができます。
ジェルネイルキットセルフ